OAフロアのいろは

近年のOAフロア事情

OAフロアで机や椅子のレイアウトを自由に

OAフロアで机や椅子のレイアウトを自由に 今や、コンピュータは、インターネットに接続することは必須です。
無線LANも徐々に普及してきてはいるものの、回線損失の少ない有線LANを選択するケースも少なくありません。
また、コンピュータを稼動させるには、電源ケーブルも必須で、大容量の電力を安定供給できる質の高いケーブルであるほど、より太く丈夫な作りで、曲げや、捻りがし難く、取り回しに一苦労することもあります。
もっとも簡単なケーブルの運用方法は、床上に敷設することですが、その場所の上に物を置くことは不可能になるのと同時に、キャスターや、足を引っ掛けてしまうことがあれば、機器の故障や怪我の原因にもなり兼ねません。
そんな時に便利なのが、床下にOAフロアを設置し、その中にすべてのケーブルを敷設する方法です。
床上がすっきりするのはもちろんのこと、机や椅子のレイアウトも、自由に設定することが可能になります。
また、OAフロアのハッチを開ければ、すぐにケーブルにアクセスできるので、メンテナンスのしやすさも格段に向上します。

OAフロアでオフィス環境をより良いものに!

OAフロアでオフィス環境をより良いものに! 最近作られている新しいオフィスでは、OAフロアと言う環境が作られることが少なくありません。
これはパソコンや複合機などのOA機器が頻繁に利用されるようになってきた現代のオフィスに置いて、煩雑になりがちであるケーブル類をきれいにまとめることができる仕組みを提供してくれるものです。
床下に配線を通すスペースを持っている構造になっているのが特徴であり、オフィス環境を良くする仕組みとして知られています。
OAフロアは新築の場合だけではなく、既に使っているオフィスに追加工事をすると言う形で導入することができますが、導入するためには一定の条件があります。
ケーブルを通すスペースを作るためにある程度の高さを必要とするのがOAフロアの特徴です。このような仕組みであると言うことについては理解しておかなければなりません。
後付けで工事をする場合には段差が生じてしまうこともありますので注意が必要です。
設置は計画的に行うことで良い環境作りをすることができるのです。