OAフロアのいろは

おすすめのオプション品

おすすめのオプション品

おすすめのオプション品 OAフロアは床下にスペースを設けてそこにパソコンの電源や、電話線などの配線を集めます。そうすることでフロアの見栄えが良くなりますし、コードをひっかけるなどのトラブルも防ぐことができます。仕事にパソコンを使うことが当たり前となった現代社会に適応した設計となっています。
OAフロアのオプション品として耐震性フロアがあります。OAフロアはその構造上耐震性に少し不安があったのですが、それをカバーするシステムが開発されたため、不安が解消されました。あとから工事をする際にも必要な部分だけ、1週間程度で終わるため、導入している企業は数多くあります。その他のオプション品は空調システムを組み込むことができます。二重構造のスペースを有効活用したものになります。
OAフロアを導入する際に注意する点は荷重制限です。地震には強くなりましたが、その構造上どうしても荷重制限が存在してしまいます。高くなればなるほど値段も上がってしまうので、十分に考慮する必要があります。

OAフロアのコストをできるだけ安くしたい!

OAフロアのコストをできるだけ安くしたい! 床に置かれているケーブルが邪魔なので、床下にケーブルを通すためにOAフロアの施工を依頼したいけれど、予算が高くならないか心配になってしまう場合もあります。
もし予算に余裕が無いのであれば、オフィスに設置されているデスクやプリンターやパソコンなどの総重量と、そのフロアで働く事になる社員の人数を計算してみてください。
そこまで多くの人数が働いていなかったり、重たいデスクなどを設置していないのであれば、OAフロアのコストを大幅に下げる事ができる可能性もあります。

OAフロアの床に敷かれているパネルは、かなりの重量に耐えられるように設計されているものは、パネル一枚ごとの値段も上がりやすいです。
しかし耐荷重性能を重視していないパネルであれば、驚くほどに値段が抑えられる事も多いですから、コストの高さに悩まされている時に役立ちます。
値段が抑えられているからといって、耐久性が大きく損なわれているわけではありませんから、安心してパネルを利用する事が可能です。